細胞外マトリックスで失われた細胞再生

細胞外マトリックス適用ニュース
傷がふさがっていない状況で使用したところ、失われた指や爪が再生しました。元となる細胞がある程度の請っている場合再現良く回復するようです。アメリカでは3年目度に人体に実用化されるようです。
この例ではたまたま患者が細胞外マトリックスの生産工場で働いている人だったから試すことができたようです。

細胞外マトリックスとは

  • 細胞外マトリックスとは胞の周りや細胞と細胞の間には、細胞外マトリックスと総称される巨大な蛋白質の超分子複合体のこと。
  • 細胞外マトリックスの役割には、細胞外の空間を充填する、骨格的役割、細胞接着における足場の役割、細胞増殖因子などの保持・提供する役割などがある。
  • 細胞外マトリックスは、様々な増殖因子や分化誘導因子と同様、細胞の増殖・分化の制御に直接かかわっていることが明らかにされている。
  • 再生医学においても、対象の幹細胞の増殖・分化を人為的に制御するための研究が進められている。