幹細胞治療、中国や日本で治療を受けた患者2人が死亡

朴ファジョン氏は、アンチエイジングの施術を受けた後、首にがんができた。
友人のクォン某氏は、糖尿病の治療のために幹細胞注射を受けたが、意識不明になって死亡。

問題となっている「アール・エヌ・エル」は、約8000人の患者に施術しており、死亡した患者は極めて一部で、
幹細胞治療の施術との因果関係は明らかでなく、手続上問題がない医療行為。と説明。
続きを読む