iPS細胞初の事業化

  • 新薬候補物質の副作用を正確に見極めるためにヒトiPS細胞を用いる。
  • 心臓を動かす心筋細胞に分化させたiPS細胞に新薬候補物質を投与して副作用の有無を確認する。
  • 新薬開発の最終段階(臨床)で副作用が見つかり開発を中止する例もあり、開発コストと時間を大幅に削減できる。
  • 安全基準の厳格化に伴い、ひとつの新薬を生み出すまでに1000億以上かかる例があり、副作用の早期発見により1から2割程度削減できるといわれている。
  • バイオベンチャーのリプロセルは既にサルのES細胞を使った副作用診断サービスを一回30万で提供しており、ヒトiPS細胞を使った診断はこれの2倍程度とする計画。

ということで、iPS細胞ニュースは火傷とは関係ないことが多い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>