ウイルス無しiPS細胞というので安全に移植ができるらしいです

1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2011/04/04(月) 09:57:56.08 ID:wmVNllTf0● ?2BP(3537)

遺伝子傷つけずiPS細胞作製 京大開発

 iPS細胞(人工多能性幹細胞)の作製で、京都大の沖田圭介講師、山中伸弥教授らは、安全性を高めるためにウイルスを使わず、
細胞の染色体に傷がつかない方法を開発した。2009年に米国で開発されたDNAを使う方法を改良し、効率を高めた。米科学誌
ネイチャーメソッズ電子版に4日発表する。

 iPS細胞は、ウイルスの一種を運び屋にして遺伝子を細胞に導入して作製すると、ウイルスが遺伝子を細胞の染色体に入り込ませる
ため、もとからある遺伝子を傷つけてがん化させる危険性がある。

 米グループは、iPS細胞に必要な遺伝子を、染色体の外で複製する特殊なDNAに組みこむ方法を開発した。沖田講師らはこの方法
を使い、組みこむ遺伝子の種類の組み合わせを変えたところ、ウイルスを使う方法よりは効率が低いが、米グループの方法より効率が
上がったという。

 京都大は、拒絶反応にかかわる遺伝子を調べ、多くの人への移植が可能になるタイプの遺伝子をもつ人の歯髄から、この方法で
iPS細胞を作製した。日本人の2割に拒絶反応が起こりにくいと期待されるiPS細胞ができたという。(瀬川茂子)

http://www.asahi.com/science/update/0403/OSK201104030135.html

2 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2011/04/04(月) 10:03:31.51 ID:uVZXiILxP
孕村さん

3 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2011/04/04(月) 10:10:27.48 ID:e1VgPVaUO
ウイルス利用してたのかよ

4 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2011/04/04(月) 13:16:55.87 ID:CbMtRiZo0
同性でも子づくりが云々

ソース:http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1301878676

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>