患者数が極端に少ない難病患者の細胞から、病気の状態をiPS細胞で再現/治療方法開発へ道

1 :◆SWAKITIxxM @すわきちφφ ★:2010/10/25(月) 15:11:45 ID:??? ?2BP(1056)
 免疫がうまく働かない難病
「クリオピリン関連周期性発熱症候群」(CAPS)の患者の皮膚細胞から、
iPS細胞(新型万能細胞)を作って病気の状態を細胞レベルで再現することに、
京都大iPS細胞研究所の中畑龍俊教授らが成功した。

 国内の患者数は推定50人という極めてまれな病気で研究が遅れていたが、
iPS細胞を活用すれば、治療法の開発などにつながりそうだ。

 CAPSは、乳幼児期から発熱を繰り返し、
関節が膨れあがって歩行困難になる病気。
細菌の感染を感知する遺伝子の突然変異が原因で、
炎症を起こす物質が体内で大量に作られて発症する。
炎症を抑える薬が最近米国で開発されたが、
毎日注射する必要があり、国内では未承認だ。

YOMIURI ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20101025-OYT1T00468.htm

2 :名無しのひみつ:2010/10/25(月) 15:36:46 ID:ZNXSkXB1
えらいよなぁ〜金儲けに走らず、研究者もほとんどいない難病に取り組むなんて

3 :名無しのひみつ:2010/10/25(月) 15:37:18 ID:AcD1a49O
いろいろ頼むぜ

4 :名無しのひみつ:2010/10/25(月) 15:44:20 ID:GwuLpQ7E
これぞ日本の科学者。
半島の方とは大違い。

5 :名無しのひみつ:2010/10/25(月) 15:48:15 ID:FPMyYfjd
売国民主の中国人蓮舫、

ここに1000億くらい突っ込めよ。

6 :名無しのひみつ:2010/10/25(月) 16:06:20 ID:LNdp5TA7
これはすごい研究だ

7 :名無しのひみつ:2010/10/25(月) 16:17:35 ID:NudF+zDr
ほんと色んな使い方だ出来ますなぁ・・・医学も一気に進歩しそうだね・・・(´・ω・`)

8 :名無しのひみつ:2010/10/25(月) 16:19:04 ID:YaDsDnF6
魚麟鮮もなんとかしてやってくれ。あれはつらそうだ。

9 :名無しのひみつ:2010/10/25(月) 16:33:56 ID:MwkJ1flw
もう人間の遺伝子操作認めちゃえよ
欲望こそが発展への近道だ

10 :名無しのひみつ:2010/10/25(月) 16:47:35 ID:KrMBHj9B
再生医療より、まずこの手の分野だな。iPSは。

11 :名無しのひみつ:2010/10/25(月) 16:49:26 ID:L/Zh5TSP
50人しかいない病気なら、ほとんど儲からないな。

12 :名無しのひみつ:2010/10/25(月) 16:57:41 ID:0N7I9Qym
この発想はすごい。よう思いついたわ

13 :名無しのひみつ:2010/10/25(月) 16:58:42 ID:WXqVlRoP
患者本人の細胞からいったんiPS細胞を作って、
病気の原因や治療法を調べる

日本はじまったな

14 :名無しのひみつ:2010/10/25(月) 17:05:40 ID:XmqXI+vX
>>13
他の病気もその手法で治療するモデルケースになりそうだね。

15 :名無しのひみつ:2010/10/25(月) 17:08:04 ID:17N6LOqz
50人なら役に立たんだろ常考。
1日に風呂で死ぬ日本人(転倒・溺死)は60人もいるのに。

16 :名無しのひみつ:2010/10/25(月) 17:29:19 ID:nji/hnCY
患者の多い病気に挑戦するべきだろw

17 :名無しのひみつ:2010/10/25(月) 17:37:26 ID:KrMBHj9B
>>15
その他の難病にもゆくゆくは応用されていくと考えるべき。
>>16
逆に患者が大勢いるなら、iPSでやる理由がないだろ。
iPS細胞での治験より患者でやった方が確実だし。

18 :名無しのひみつ:2010/10/25(月) 18:00:00 ID:xRSqUBUp
まあどうせ治療薬は作れないだろうけどね( ・ω・)y─┛〜〜

19 :名無しのひみつ:2010/10/25(月) 18:09:17 ID:0N7I9Qym
他に研究者がいない分野というのはメリットかも。第一人者になれるし、教科書にも名前が乗る
そういう意味では学閥向けかもしれない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>