皮膚、骨髄に多能性幹細胞 「安全性高い」東北大

1 :レフトノベル(100616)φ ★:2010/04/20(火) 08:41:15 ID:???
 人間の皮膚や骨髄の中に、さまざまな細胞に分化する能力を持つ「多能性幹細胞」が
存在するとの研究結果を東北大の出沢真理教授らと京都大のチームが20日付米科学
アカデミー紀要(電子版)に発表。「Muse細胞」と名付けた。

 増殖力は高くないが、出沢教授は「そもそも生体内にある細胞で、遺伝子導入など
特別な操作を必要とせず、腫瘍化の危険性は低い」と安全面の利点を強調。胚性幹細胞
(ES細胞)や人工多能性幹細胞(iPS細胞)に取って代わるものではないが、
再生医療に利用できるとの見方を示した。
 出沢教授らは、体の中に多能性幹細胞が存在し、ストレスを受けると活性化すると
想定。人間の皮膚の線維芽細胞や骨髄の間葉系細胞を酵素で処理しストレスをかけると、
ES細胞に似た細胞の塊ができ、これをMuse細胞とした。一定の大きさまでは
成長するが増殖は止まった。

 別の方法で培養すると神経(外胚葉系)、筋肉(中胚葉系)、肝臓(内胚葉系)と
いうそれぞれ別系統の細胞に分化。多能性を確認したとしている。

ソース:よんななニュース
http://www.47news.jp/CN/201004/CN2010041901000770.html

2 :名前をあたえないでください:2010/04/20(火) 08:58:21 ID:A26RYUyh
毛根への分化を先に実用化希望

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>