脳の海馬の正しい形成に欠かせない遺伝子特定 統合失調症と関連も/慶應大

脳の海馬の正しい形成を欠き、構造異常が統合失調症をもたらす。
遺伝子は「Disc1」

1 : ◆night5/llI @白夜φ ★:2011/05/30(月) 00:09:21.42 ID:???
(5/26)慶大、脳の海馬の正しい形成に欠かせない遺伝子特定 統合失調症と関連も
 
慶応大学の仲嶋一範教授らは、統合失調症との関連が指摘されている遺伝子が、
脳の海馬の正しい形成に欠かせないことを突き止めた。マウスの胎児でこの遺伝子の
働きを妨げると、海馬にある神経細胞の移動が遅れたり、細胞の向きが乱れたりした。
こうした構造異常は、統合失調症の一部の患者などでも報告されており、
病気との関係解明につながる可能性もある。

成果は英科学誌「ヒューマン・モレキュラー・ジェネティクス」(電子版)に発表した。
遺伝子は「Disc1」と呼ばれ、神経細胞の移動にかかわることが知られている。
神経疾患を多く発症する英国の家系で、この遺伝子の変異が見つかって以来、
統合失調症などとの関係が調べられている。

[2011/5/26付 日経産業新聞]
________________

▽記事引用元 NIKKEI いきいき健康
http://health.nikkei.co.jp/news/index.aspx?id=MMHEa1000026052011

▽関連
・Human Molecular Genetics
Disrupted-in-Schizophrenia-1 (Disc1) is necessary for migration
of the pyramidal neurons during mouse hippocampal development
http://hmg.oxfordjournals.org/content/early/2011/05/10/hmg.ddr194.abstract
・慶應義塾大学
[プレスリリース]
脳の海馬形成過程における精神疾患候補遺伝子の機能を解明
?精神疾患の病態理解に進展?
http://www.keio.ac.jp/ja/press_release/2011/kr7a430000068gd0.html
http://www.keio.ac.jp/ja/press_release/2011/kr7a430000068gd0-att/110512_1.pdf  プレスリリース全文(PDF/600KB)

2 :名無しのひみつ:2011/05/30(月) 00:11:51.59 ID:izpkKyqx
DISC1の研究って、本当なの?怪しいの?

3 :名無しのひみつ:2011/05/30(月) 00:21:09.41 ID:MaGkQooI
やっぱり遺伝子はDiskだったんだな。
ジョジョで見たよ、6部だっけな。

4 :名無しのひみつ:2011/05/30(月) 00:27:59.53 ID:3SWlA36w
マジかよ・・すごい研究じゃねコレ

5 :名無しのひみつ:2011/05/30(月) 00:28:09.20 ID:f+PV0nU6
ブルーアイズホワイトドラゴン

6 :名無しのひみつ:2011/05/30(月) 00:32:44.92 ID:CUfhra52
統合失調症の定義がかなり曖昧なんだよな、医師によって
ぜんぜん違う判断をするのが問題なのね。

7 :名無しのひみつ:2011/05/30(月) 00:35:46.21 ID:fSkvL/Dj
貴様に神を見せてやる!

8 :名無しのひみつ:2011/05/30(月) 00:44:07.90 ID:JikkzvBf
この研究が進めば朝鮮人ヤクザがシノギにリタリンGET!出来なくなるね。

9 :名無しのひみつ:2011/05/30(月) 00:50:54.43 ID:t9V1uH12
ちんぽの海馬とかもあるのか?

10 :名無しのひみつ:2011/05/30(月) 00:53:09.18 ID:SHgsgPOA
覚悟だ 過去こそが未来なのだ

11 :名無しのひみつ:2011/05/30(月) 00:58:51.41 ID:SOvUt1mo
統合失調症は高学歴者に多い。
記憶力の良さと統合失調症は相関がある。

12 :名無しのひみつ:2011/05/30(月) 00:59:26.11 ID:Ihkb+3/z
>>1 神経疾患を多く発症する英国の家系で

って、初めて聞いた。ここは、疾患が出やすい特定の血筋(英国の)があって、ってことでいいの?

13 :名無しのひみつ:2011/05/30(月) 01:00:13.91 ID:VXTKUNLR
民主党議員に朗報!

14 :名無しのひみつ:2011/05/30(月) 01:01:09.21 ID:QVt46SfC
大学で薬理やってる人間から言わせてもらうと、disc1自体は全然新しくないよ。
以前から統合失調症との関連を調べられている遺伝子。ただ精神疾患全般だけど、臨床での基準が曖昧だったり、関連してるのではないかって遺伝子もたくさんある。
こういう論文は世界中でいっぱい出されてるんだよね。
もっと調べていって、この遺伝子が海馬形成に本当に重要なのか。実際の人間でもそうなのかってところまでいけたら大ニュース。

15 :名無しのひみつ:2011/05/30(月) 01:05:40.50 ID:JikkzvBf
http://cache.daylife.com/imageserve/06v5fk22ke8SK/610x.jpg

これもやばいのかな?

16 :名無しのひみつ:2011/05/30(月) 01:09:30.49 ID:SJBHTcwz
>>14
とりあえず重要ってのがこの論文なんちゃうの?

17 :名無しのひみつ:2011/05/30(月) 01:21:29.20 ID:uk6vH5Xl
脳の問題か?遺伝子か?多少はあるのかもしれんが
ほとんど心の問題でしょ
トラウマだよ
何故 ミクロの方へ原因を求めようとするのかな?

18 :名無しのひみつ:2011/05/30(月) 01:28:28.46 ID:s5mwvAZv
ドロー!

19 :名無しのひみつ:2011/05/30(月) 01:46:17.75 ID:5e1YgwBw
統合失調症患者は鬱病を隠れみのするので職場の対応を誤やないよう注意。
会社を休んで鬱病の診断書を持って来てもそれを100%信じてはいけない。
知覚障害(妄想・幻聴・幻視)、思考障害(支離滅裂・被害妄想)があったら
統合失調症かも?

観察してみよう、たとえば復職後に朝礼でじっと起立してられず体が動いて
しまうアカシジア(静座不能)が出ていたら、それは幻覚・妄想を抑える薬の
副作用かもしれない。

20 :名無しのひみつ:2011/05/30(月) 01:59:22.73 ID:QVt46SfC
>>16
そうです。その通りです。

言いたかったのは研究とか分野にあまり詳しくない人に対してで、
disc1を発見したわけではないこと。
こうゆうニュースよくあるけど、実際はほとんど途中でダメになること。
世界中で同様な論文が出されていること。
それでも一見無駄のような積み重ねをしていくうちに極希に大発見が出てくること。

詳しくない人が一喜一憂しないようにと思って。

21 :名無しのひみつ:2011/05/30(月) 02:07:29.25 ID:v/ueeT01
ちょい糖質気味だな
最近思考がまとまらない。気が付いたら頭脳線にでっかい島ができてるし。

仕事やすもう。

22 :名無しのひみつ:2011/05/30(月) 02:47:14.58 ID:HT/MOV0f
海馬の構成がおかしくなる つまり情報処理の不完全さだろうが
具体的にわかっているの?

23 :名無しのひみつ:2011/05/30(月) 02:50:52.76 ID:kbfjeYd8
>>19
ちんちんかゆいのかもよ

24 :名無しのひみつ:2011/05/30(月) 03:15:44.62 ID:OxFckfpl
100年後くらいには完璧人間が作れそうだね

25 :にょろ〜ん♂:2011/05/30(月) 03:48:10.97 ID:h2qzF8au
>>19
なんせ、精神科医でも藪は間違えることがあるくらいだ
内科医とか外科医とかその手の奴には不可能レベル
普通の職場にいるような人間がそれを区別するのは無理だよ。

26 :にょろ〜ん♂:2011/05/30(月) 03:50:31.67 ID:h2qzF8au
>>19
アカシジア? 抗うつ剤でもアカシジアの副作用あるゼw

27 :名無しのひみつ:2011/05/30(月) 05:31:50.38 ID:LFOPekxN
遺伝病でどうしようもないってこと?
それともメチル化とかなんかでスイッチオンオフできるの?

28 :名無しのひみつ:2011/05/30(月) 08:31:19.35 ID:lX8oCFxA
レイプしたやつらはどうしてるかな。

ソース:http://toki.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1306681761

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>