造血幹細胞だけの取り出し成功、白血病治療期待

1 :一般人φ ★:2011/07/09(土) 23:13:03.06 ID:???
人間の血液の赤血球や白血球などのもとになる造血幹細胞だけを取り出し、マウスに移植して、
血液を増やすことに、カナダのオンタリオがん研究所などのチームが成功した。

 白血病治療などへの応用が期待される。8日付の米科学誌サイエンスに発表する。

 人間の造血幹細胞は主に骨髄の中にあるが、造血幹細胞だけを取り出す手法はなかった。このため、血液の
がんに当たる白血病の治療では、新たな造血幹細胞から、がん化しない血液を作るため、他の細胞を含む骨髄
が移植される。

 研究チームは、造血幹細胞の表面に表れる糖たんぱく質に着目。その一種「CD49f」の細胞1個をマウス
に移植。18匹のうち5匹は5か月以上血液を作り続けたという。造血幹細胞だけを取り出し、安全に
培養できるようになれば骨髄移植量が減り、患者の負担軽減につながる可能性がある。

▽記事引用元 読売新聞(2011年7月8日09時14分)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110708-OYT1T00184.htm

▽Science
「Isolation of Single Human Hematopoietic Stem Cells Capable of Long-Term Multilineage Engraftment」
http://www.sciencemag.org/content/333/6039/218

2 :名無しのひみつ:2011/07/09(土) 23:33:36.72 ID:DyqkIlll
もっと早く言ってくれれば、かあさんは死ななくてすんだのに。

3 :名無しのひみつ:2011/07/09(土) 23:33:43.18 ID:PI1QBOSF
おまんこおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!

4 :名無しのひみつ:2011/07/10(日) 00:01:56.22 ID:bAPAruwR
人類ってこうやってなかなか死なない生き物になっていくなあ…

5 :名無しのひみつ:2011/07/10(日) 00:37:42.58 ID:DdYi+oi+
>>4
> 人類ってこうやってなかなか死なない生き物になっていくなあ…
いや逆だと思う。自然淘汰されるはずだった遺伝病が
脈々と受け継がれ拡散していくことで、人間は絶滅と
紙一重の生物になるのでは。

6 :名無しのひみつ:2011/07/10(日) 00:41:19.29 ID:Gttsx1dJ
キャシャーンの誕生である

7 :名無しのひみつ:2011/07/10(日) 04:27:34.62 ID:MsMWTEuG
この、なんてことなさそうなニュースに、「10年以上生きられるかも!」と
涙をながして喜ぶ人間もいる。俺もそのひとり。

8 :名無しのひみつ:2011/07/10(日) 04:45:06.63 ID:SfDBciWs
http://www40.atwiki.jp/fezgimel/pages/1040.html

9 :名無しのひみつ:2011/07/10(日) 06:33:39.92 ID:5pH6KDy4
>>5
人間には遺伝子を創造、導入する
という他の生物には絶対出来ない能力を持ってる以上
自然淘汰にも抗えるんじゃないのかな
ロボットが支配する世界にでもならん限りね

10 :名無しのひみつ:2011/07/10(日) 07:54:34.61 ID:MsMWTEuG
詳しい人がいたら教えてくれ。
この術式が、日本で実現可能になるのは、おおよそ何年後くらいですか?

11 :名無しのひみつ:2011/07/10(日) 08:12:29.91 ID:Gfx5Xrae
論文読んでないけど記事からは、単に造血幹細胞の表面マーカーを同定したよ、ってだけの話しなので、
幹細胞研究の役には立つけど、白血病治療に大きく寄与するものなのかは疑問。
HLAの適合を無視して移植できるようになるわけじゃないので、ドナーの見つかる確率も変わらないし。

造血幹細胞は実験的にはたった1個移植するだけで造血能を回復させることが出来るという結果が
得られてるので、造血幹細胞だけを増殖して移植することに何の意味があるのかよく分からん・・・
普通に骨髄間質細胞も一緒に移植した方がいいんじゃないのかなぁ?

12 :名無しのひみつ:2011/07/10(日) 10:24:11.35 ID:PeyD0kAk
白血病と言うけど、血が白くなるわけじゃない(´・ω・`)

13 :名無しのひみつ:2011/07/10(日) 11:19:05.97 ID:lW9iO8Vj
>>10
三段階の治験を経てから治療法としての採否判定を受ける必要があるから、
10年近くかかると思う。

さらに保険適用になるまでは、数百万単位の自費治療だろうし。

今まさに闘ってる人には辛い記事だは。

14 :名無しのひみつ:2011/07/10(日) 11:53:06.99 ID:rOlK1Nff
>>11
ありがとうございます。骨髄繊維症なのですが、診断と同時に「骨髄移植は
死ぬからやめときな」と言われました。ミニ移植や今回のような移植が実現
するなら、相当可能性が高いと思ったのですが・・・。
>>13
ありがとうございます。そうですか、いちおう発覚から余命10年らしいので、
アニメでよくある「ギリギリで鉄の扉をくぐる」感じですかねw
数百万円は10年貯めていけばなんとかなるかな…。間に合わなかったら
研究期間に寄付でもしますか。

15 :増健:2011/07/10(日) 12:07:41.63 ID:Jsib97Av
これはすごい

16 :名無しのひみつ:2011/07/10(日) 12:47:27.29 ID:KDLfZjCz
>>13
難病なんかの研究段階では治療がタダになるってシステムなかったっけ?
実験のボランティア扱いみたいな感じで。

17 :名無しのひみつ:2011/07/10(日) 13:10:25.58 ID:dk+sLakk
再生医療での実用は一番早いだろうな。
他の臓器、組織も血球分化の応用なんで

18 :名無しのひみつ:2011/07/10(日) 13:11:59.76 ID:rOlK1Nff
>>16
はい、いちおう難病認定は出るみたいです。現在申請中。
これで最小限の造血幹細胞移植で20年くらい生きれたら丸儲け、みたいな。

ソース:http://toki.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1310220783

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>