T細胞を作製し、白血病のマウスに注入して治療する実験に成功

iPS細胞から免疫細胞の一種で抗腫瘍効果があるT細胞を作製し、 白血病のマウスに注入して治療する実験に成功
T細胞を1回注入した7匹中、1匹が100日以上生存
T細胞を2回注入した9匹では5匹が100日以上生存
骨髄移植をしただけの12匹は、28日以内にすべて死亡

1 :◆SWAKITIxxM @すわきちφφ ★:2010/09/22(水) 20:37:47 ID:??? ?2BP(1056)
 さまざまな細胞になる能力がある人工多能性幹細胞(iPS細胞)から、
免疫細胞の一種で抗腫瘍効果があるT細胞を作製し、
白血病のマウスに注入して治療する実験に成功したと、
北海道大遺伝子病制御研究所の清野研一郎教授らが22日、
大阪市で開かれた日本癌学会で発表した。

 白血病の治療法の一つ、骨髄移植の際に、
骨髄提供者のT細胞を加えると効果的な場合がある。
今回は提供者のiPS細胞から作ることができる方法で、
清野教授は「このT細胞の機能を詳しく解析し、
安全で効率的な抗腫瘍効果がある細胞作製法を開発したい」
と話している。

 清野教授らは、骨髄を提供するドナーマウスの皮膚の細胞に
4種類の遺伝子を導入してiPS細胞を作り、これをT細胞に分化させた。

 骨髄移植に加え、こうして作ったT細胞を静脈に注入した白血病マウスでは、
T細胞を1回注入した7匹中、1匹が100日以上生存、
2回注入した9匹では5匹が100日以上生存した。
骨髄移植をしただけの12匹は、28日以内にすべて死んだ。
注入したT細胞に抗腫瘍効果があったと考えられた。

47NEWS(共同)
http://www.47news.jp/CN/201009/CN2010092201000659.html

2 :名無しのひみつ:2010/09/22(水) 20:41:11 ID:evTc0+Dq
後のTウイルスである

3 :名無しのひみつ:2010/09/22(水) 20:41:32 ID:SYH4eX5b
まじすか??????

骨髄とらなくていじゃん
歴史が変わるなコレ

4 :名無しのひみつ:2010/09/22(水) 20:43:58 ID:1L+rEwIR
バイオハザードか

5 :押し紙新聞とは:2010/09/22(水) 20:45:30 ID:AnB3ZdMM
ひょええ、こりゃすごい。
白血病患者にとっては朗報だな。

6 :名無しのひみつ:2010/09/22(水) 20:51:17 ID:RkprGuFu
しゅごいね・・・(´・ω・`)

7 :名無しのひみつ:2010/09/22(水) 21:09:31 ID:Iu2qAbJC
俺様もIPS細胞を注入して若返りたい。

てか、IPS細胞入りの健康食品とかジュースとか出てきそう。

8 :名無しのひみつ:2010/09/22(水) 21:17:00 ID:PI+P73aQ
これで安心して白血病になれるお

9 :名無しのひみつ:2010/09/22(水) 21:18:53 ID:kimOloLr
ナチュラルキラーT細胞つくれば癌も治せる
毛根細胞つくれば禿も治せる
脳細胞つくればアルツハイマーも治せる
まさに21世紀の技術すなぁ
ガチで200歳まで生きるやつも出るかも

10 :名無しのひみつ:2010/09/22(水) 21:50:10 ID:eEnnd16I
>>9

働かない奴に対する社会の目と態度は厳しい

200歳まで生きられたとしても、きっと生きられない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>